リストカット 浅い傷 跡 治る

リストカットの浅い傷跡はどのくらいで治るのか?

スポンサーリンク

今回は、リストカットの浅い傷跡はどのくらいで治るのか?についてご紹介します。

 

リストカットは心の不安や心配してほしいなどの感情からくることが多いのですが、もちろん他の理由も多くは存在します。
リストカットは自分の体を傷をつけている訳ですから、悪いことだと本人もわかっていることが多いのです。
ですがついついやってしまう。次の日になると傷を見るたびに後悔が襲ってきます。
「なぜ、こんなことをしたのだろう。」そんなことを考えてまたリストカットなどにはしってしまう場合がありますが・・・
私はそんな人達を救いたいと思っている。
ですが厳しいような言葉をかけるようですが、リストカットの浅い傷跡でも、残ります。
リストカットの傷跡は完全になくす方法はとても困難なのです。
100%治らないとは言えないですが、とても困難なのです。

スポンサーリンク

興味本位でやったことを反省するべきですし、浅いから大丈夫などと甘い考えはよくないです。
もしも繰り返すようであればその傷跡と一生付き合っていくと思ったほうがいいでしょう。

 

ですが稀に傷の跡を消すこともできます。
それは成熟した白い傷ではなくて、赤い色をしたリストカット跡であれば目立たなくすることができます。
それは、アットノンという塗り薬を使うことです。
塗ったからと言って明日には治っている訳ではありませんが、徐々に目立たなくなっていきます。
最低でも3ヶ月〜と長い期間根気よく治療をしていきます。
ケロイドと言われる赤く盛り上がった傷などに効果的に働いてくれるのです。
主に血行などを促進させることと水分保持作用によって治療していく塗り薬なのです。

 

ですが消すことができるのは稀なことですし、リストカットの浅い傷でも切るときは一瞬でも治療には長い期間がかかることがあるのです。
絶対に浅い傷だから大丈夫などと興味本位でやることはやめましょう。

 

まとめ〜リストカットの浅い傷跡はどのくらいで治るのか?〜

 

・リストカットの浅い傷の跡でも体に残ってしまうのです。

 

・稀にアットノンなどの塗り薬で消えることもあるのですが、大体は残ってしまうのです。

スポンサーリンク