リストカット 跡 残らない 嘘

リストカットの跡が残らないは嘘?

スポンサーリンク

今回は、リストカットの跡が残らないは嘘?についてご紹介します。

 

リストカットをしてしまう理由として様々な原因が考えられます。
重症の場合は、入院も必要になることもありますし繰り返し行ってしまう場合だってあるのです。
主に自分の心理の影響が一番の原因として考えられますが、中々リストカットをしないようにするためにには難しいことがあるのです。
なぜ繰り返してしまうのか?
大抵の人は、リストカットが自分の体にすることはとても悪いことだと理解はしている人が多いのですが、ついつい行動してしまい、次の日などに自分の弱さのせいで傷をつけてしまったなどの後悔がくるのですがその後悔などの不安からまた同じようにリストカットをしてしまうことがあるのです。

 

リストカットの跡は残ります。
ネットなどを見ていると残らないという人もいるのですが、すごい浅い場合は残らないことも考えられますが、ほとんどの場合に残るのです。

スポンサーリンク

まずこのサイトはリストカットを推奨するサイトでもないため、リストカットの跡が残らないからやってくださいなんて言いません。

 

原理的に言うと、傷が深ければ深いほど残ります。
浅い場合でも残ることはあるのですが、よく目を近ずけなければ見えないですが、深い場合は一瞬でわかるような傷の跡が残ってしまいます。
治療法として考えられるのは、塗り薬などがあるのですが、リストカット後に跡として白い傷のような跡があるのですがこの状態までなると中々塗り薬だけで治すことは困難です。
赤い傷の場合は、治るというよりは薄くなる可能性がある程度なのです。
このことからリストカットの後は残らないなどの情報は嘘であり、治療も困難なことですので、簡単な気持ちでやったことが一生残る傷になることがあるので絶対にリストカットなどの自傷行為に逃げるようなことはしないことが大切なのです。

 

まとめ〜リストカットの跡が残らないは嘘?〜

 

・リストカットの跡は残るので、絶対にしないようにしましょう。

 

・もしも治療しようと思っても中々傷を消すことは大変ですのでその分お金と時間がかかってしまうのです。

スポンサーリンク