リストカット 致死率

リストカットの致死率とは?

スポンサーリンク

今回は、リストカットの致死率とは?についてご紹介します。

 

死にたいなどの願望から、リストカットをしてしまう人がいるのですが、絶対にやめてください。
自分を傷つけてもなんの得もないのですが、リストカットを繰り返す症状とは、一種の病気に近いのです。このサイトは、決してリストカットを進めるようなものではなく、自傷行為を繰り返す人が周りにいた場合の一つの参考になるようなサイト運営を心がけているものですので、そちらはご理解ください。
まずリストカットで死亡してしまう確率は5%ぐらいと考えられています。
ですが、確実にこの数字とは言えません。
なぜかというと、リストカットをやってしまう人は、様々な症状があるからなのです。
中には、誰かに心配されたいや、傷を自慢したいという人は特に傷をつけるという部分の心理で行っているため致死率なども低いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

この場合ですと症状としてはまだまだ軽いため、リストカットという自傷行為の道から引き戻すことは特に
困難とは言えないでしょう。

 

ですが1番危ないケースとして、本当に死にたいなどの願望がある人や何度も返し行っている人は危険なのです。
致死率は5%とは言われていますが、もしも切りどころが悪い場合に動脈な傷つけてしまった場合などはとても危険ですし、死にたいなどの願望がある人に限って力が入ってしまって深い傷になる可能性が高いと言えるのです。
それと、繰り返し行っている人はリストカットではない部分で致死率が上がってしまう可能性があります。それは、リストカットを何度も行うことで、体のヘモグロビンに変化がでてくることでその状態が続いている中で薬などを飲むとしに至るケースがあるのです。
それは、何度もすることで自身の致死量が変わってきてしまうということなんです。
なので、飲む薬も注意が必要になってくるのです。

 

まとめ〜リストカットの致死率とは?〜

 

・致死率は5%と言われているのですが、その人の症状によって変わってくると考えられます。

 

・ヘモグロビン値が変わってくることで、薬などの致死量なども変わってくるのでかなり注意が必要なのです。

スポンサーリンク