リストカット 友人 対応

リストカットを見た友人の対応はどうするべきか?

スポンサーリンク

今回は、リストカットを見た友人の対応はどうするべきか?についてご紹介します。

 

リストカットをやめさせたい!そんかふうに思う人がこの記事に辿り着いてくれたかとはおもいます。
このサイトがためになってくれてすこしでもリストカットという自傷行為が減ることを私は祈ってます。
もしも、近くの友人がリストカットをしている場合は、その周りの友人はどんな対応をするのがいいのでしょうか?
説明していきます!

 

まずは、リストカットの問題はそんなに簡単な問題ではありません。カウンセリングに行ったからといってすぐに治るものではないし、傷もすぐに治るものでもないです。
友人の対応として正解なものは、決して感情のままに動かないことです。

スポンサーリンク

どういったことかというと、仲がいい子がリストカットしていることがわかった瞬間とはなんにも思わない人も中にはいるかも知れませんが、そうでない人は感情が思うままに言動を起こしたりすることがあるのです。
これは、最も良くないことといえます。

 

なぜかというと、怒ったり、同情したり、見てない振りをすることによって友人は、不安を感じてしまい自分の存在を否定されたとおもい、存在を確認するためにリストカットなどを繰り返すことになるのです。
大切なことは、落ちついて対応することなのです。
長期間になるかも知れませんが、傷の手当てや病院にいくなどを落ちついてこなす必要があるのです。

 

時期などをみて、友人の悩みなどを聞いてあげてその専門に近いカウンセリングにつなげてあげることも大切な行動になってくるのです。

 

まとめ〜リストカットを見た友人の対応はどうするべきか?〜

 

・もしも自傷行為であるリストカットを発見したときでも、冷静に対処することが大切なのです。

 

・怒ったりや見て見ない振りなどすることで、相手に不安を感じてしまいまた同じ行動をとる危険があるのです。

 

・友人は、症状に合ったカウンセリングにつなげてあげることも大切なのです。

スポンサーリンク