リストカット 心理 大人

リストカットをする大人の心理とは?

スポンサーリンク

本日はリストカットをする大人の心理とは?についてご紹介します。

 

リストカットをする人は、年代的に若い人が多い傾向があり、なぜかというと、
精神面で情緒不安定になることから、ストレスが生まれてリストカットに走ってしまいます。
若い人の間では、「リスカ」とも言われています。

 

まずこのサイトでは、リストカットを進めている訳ではなく、リストカットをする大人の心理を理解していただいた後に
その行為を抑制に役立てていただくためのサイトですのでご理解ください。

 

リストカットに用いられるのは、カッターが多いみたいで、理由とすると入手がしやすいとのことだとは思いますが、
カッターはどこでも大人でも子供でも手に入れることができるので、注意が必要です。

 

10代の女性に多いとの統計がでていますが、実際のところ年代や性別問わずリストカットをしてしまうことがあるのです。
リストカットをしてしまう心理とは?

 

リストカットは聞くだけでも、イタイタしいのですがなぜやってしまうのか、
その心理はストレスが多いのです。

スポンサーリンク

心理として、この気持ちを分からない人もいるとは思いますが、
「かまってほしいアピール」
「自分に関心を持ってほしい」
そのいった大人の心理だけではなく、日々仕事や生活においてのストレスからくる大人心理が大きいと言われています。

 

本当に関心を持ってもらいたいならば、人前でリストカットや自傷行為をするでしょうが、
自宅でひっそりとやってしまうのはストレスからくることが多いのです。

 

その心理は、どうにかしたいストレスをどこに吐き出していいのかわからずに、行き場のないストレスを自分にぶつけてしまうケースです。

 

これが大人のリストカットをしてしまう心理の一つですので、もし周りにそんな人がいるのであれば周りの人が手を差し伸べてあげることで
早い段階で救える可能性があるので、参考にしてみてください。

 

まとめ〜リストカットをする大人の心理とは?〜

 

・リストカットは、若い方に多いのですが、大人でもやる可能性はある。

 

・大人の心理的にストレスから自傷行為に走り、行き場のないストレスを持つことでリストカットをする傾向がある。

スポンサーリンク