リストカット 後遺症 痛み

リストカット後遺症の痛みはどういったものがあるのか?

スポンサーリンク

今回は、リストカット後遺症の痛みはどういったものがあるのか?についてご紹介します。

 

リストカットは後遺症がでる可能性があるので興味本意などでやっていいものでは決してありません。
なので自分が痛みがでるだけですので、他の人は真似をしてはいけません。
まず後遺症の前にリストカットの傷は残るケースが多いので大切な体に傷を残すことになってしまいます。手首などには神経が多いため、もしもきってしまうと最悪の場合手などが動かなくなるケースもあるのです。
正中神経というものが関係してくることが多いのですが、特にリストカットなどで切れる心配はございませんのでこちらは大丈夫でしょう。

 

よくある事例として、長掌筋腱を切ってしまうことがあります。もちろん痛みもありますし縫い合わせて治るまでに2週間前後かかることがあるのです。
長掌筋腱をリストカットで切断してしまっても握力などには特に影響することはないと言われていますし人によってはない人だっているのです。

スポンサーリンク

リストカットの後遺症の中で長掌筋腱を切った場合に起こることがあります。
人にはよるとはおもいますが、長掌筋腱とは手首を曲げたりする動きのときによく使う筋肉でして治ること治るのですが、どことなく違和感がでるでしょう。

 

野球のピッチャーなどに多いんですが、痛みなどはでないみたいですが、野球選手は日々トレーニングをして体は作られているのに対して、普通の人ですと後遺症も十分に考えられるのです。

 

まずは病院の医師のアドバイスを受けることが治療の近道にもなるので、まずは相談してみましょう。

 

まとめ〜リストカット後遺症の痛みはどういったものがあるのか?〜

 

・もしもリストカットにより、神経などを傷をつけてしまった場合最悪は手術を行うこともあるのです。

 

・長掌筋腱を傷をつけてしまった場合に、手首に違和感などの後遺症が残る可能性があるのです。

スポンサーリンク